海外転職、現地採用という道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post-07

「どうやれば海外で働くことができるのか?」

3度目の社内公募でも異動が叶わなかったことで、自然と次の方法を模索する自分がいた。

インターネットで調べてみたところ、海外で働くには大まかに分類して3つの方法があることが分かった。

(1) 駐在員として日本から派遣されて、(2) 現地採用として直接現地の企業に雇用されて、そして、(3) 現地で起業をし経営者として働くか、の3つの方法だ。

簡単ではあるが、それぞれの特徴は以下の通り。

(1) 駐在員
日本にある会社に所属し、そこから出向という形で現地に派遣される形態。

→ 会社によって待遇はピンキリだが、日本で貰う給与の他に、海外赴任手当てが支給されたり、会社が借り上げる高級住宅に住み、運転手付きの車が支給されたりと、一般的には日本で働いていたときと比べて良い待遇となる。一方で、赴任したい国を自分で選択できることはほぼ無く、赴任・帰任のタイミングも、会社の経営方針や経営状況と密接に関連してくるため、業態や、会社規模にもよりけりだが、原則個人の希望が通ることは無い。(もしくは稀である。)

(2) 現地採用
現地にある会社(日系、非日系問わず)に直接雇用される形態。

→ 駐在員と違い、現地のローカルスタッフとして雇用されているため、待遇に関しては、基本的に現地スタッフと同じ給与体系が採用される。住宅補助等の各種手当てが出ることは稀で、通常はすべて給料に含まれるのが一般的である。職種や勤務地によっては、現地採用の場合でも、会社から運転手付きの車だったり、車のみがが支給されるケース(運転は自分で行う)もある。(1)と比較すると、待遇面では圧倒的に劣るケースが多いが、国の選択、渡航・帰国タイミングは本人の意志次第であり、自由度は高い。

(3) 現地起業(自営業含む)
文字通り、現地で自分のビジネスを立ち上げ、経営者として就業する形態。

→ 国にもよるが、日本と比べてビジネスチャンスが多く、金銭的な参入障壁も比較的低いため、信頼できる現地人のビジネスパートナー(配偶者含む)がいれば、成功するかはともかくとして、起業すること自体はそんなに難しくないと思われる。当然リスクも高くなるが、大きく成功するのはこのパターン。

自分の場合、まずは (1) の方法を模索し、社内公募制度を利用して海外事業部への異動を試みた。そして、最終的には (2) の方法で、海外で就業・生活することを実現したのだが、「現地採用」という言葉を知ったのは、実はこのときが初めてだった。

このキーワードで検索してみると、実際に現地採用として、色々な国で働いている(いた)人のブログが多数ヒットした。そういったブログを読み漁っていくうちに、どうやら中国や香港、シンガポール、マレーシア、タイ等の、いわゆるAPAC(アジア・太平洋)圏内で、現地採用という形態で、現地で就業・生活している人が非常に多いらしい、ということが分かった。

”どうすれば現地採用として働くことができるのか?”

「現地採用」という言葉を初めて知ってから、自然とこのような思考に至るまで、それほど多くの時間は要しなかった。

スポンサーリンク
new_gensai_under_urticle_01
new_gensai_under_urticle_01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
new_gensai_under_urticle_01

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です