タイで現地採用面接を受ける(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post-12

スワンナプーム空港の外に出た瞬間、独特の臭いの、もわっとした熱気が体を包みこんだ。2度目のタイ。まさかスーツを着てこの地に再び降り立つことになろうとは。

予定より早く空港に到着したこと。加えて道路があまり渋滞していなかったので0時少し過ぎにはホテルに到着することができた。

ホテルのロビーをざっと見回すと、約束どおりそこにはエージェントの姿があった。

「△△社の××です。長時間の移動、お疲れ様でした。」

「早速ですが明日面接予定の企業様の情報からお伝えしたいと思います。」

だいたい1時間くらいだろうか。今回面接を予定している3社すべてについて、それらの企業の特色だったり、社風について、またエージェントの方が紹介して実際にそれらの企業で現地採用として働いてる方たちの貴重な情報を頂いた。

その後面接のスケジュールや回数等について、ひととおり話をしてからエージェントの方と別れたころには時計の針はすでに1時を回っていた。日本時間で言うと午前3時である。思えば午前中は出社して普通に仕事をし、スーツを着たまま急いで成田空港へ向かい、その足でタイはバンコクのホテルまでやってきたのだ。長い1日だった。

エージェントの方と別れ部屋に荷物を置き、スーツを脱いでベッドに寝転がった途端、それまでピンと張り詰めていた緊張の糸が緩んだのだろう。突然ものすごい疲労感と睡魔に襲われそのまま深い眠りへと落ちていった。

スポンサーリンク
new_gensai_under_urticle_01
new_gensai_under_urticle_01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
new_gensai_under_urticle_01

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です