直属の上司に退職の意思を伝える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post-20

エージェント経由で C 社に入社する意思を伝えた翌日の午後、直属の上司(課長)に話がある旨を伝え会議室に呼び出した。

「どうしたの?何かあった?(´▽`)にこにこ

い、言い辛い…

「はい。単刀直入に申し上げますと会社を辞めようと思って、いや、辞めることにしました。」

「・・・」

く、空気が変わったwwww

「急にどうしたのよ??辞めてどうするの??ヾ(・ω・`;)ノ」

「実はもう転職先が決まってましてそちらの会社に行きます。」

「 え?!もう決まってるの?どこなの?同じ業界?知ってるとこなの?ヾ(;´Д`)ノ」

「業界は同じですが転職先は海外です。」

 「え??!か、か、海外???!!!?!?!ナニ━━(;゚Д゚);゚Д゚);゚Д゚);゚Д゚)━━イィッ!!!」

「はい。急ですがかなり前から考えていたことです。」

「そうだよ!急も何もそんなの一度も聞いたことないよヾ(・ω・`;)ノ」

ごめんなさい、他の誰にも言ってないです(ノД`)

「とにかくちょっと保留させて。そうだ!今日の夜空いてる?2人で飲みに行こう、飲みに!そこでじっくり話聞かせてよ!じゃあそういうことで!(;´Д`A “`」

そう言って、課長はこちらの返事も聞かずに逃げるようにその場を去っていった…

今さら何を言われても考えを変えるつもりは無いから本当は行きたくないんだけど、数年もお世話になった方だし無碍にするわけにもいかない。

こうしてなんともベタな展開ではあるが、その日の仕事終わりに課長とサシで飲みに行くことになった…

スポンサーリンク
new_gensai_under_urticle_01
new_gensai_under_urticle_01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
new_gensai_under_urticle_01

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です