タイの確定申告を徹底解説(1)!確定申告ってどうやればいいの~?(2559年分の所得Ver.)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tax_filing2559-1

2017年が始まってもう1か月経ってしまいました。早いですね。。。

日本もそうですがタイも1-3月は確定申告の時期になります。日本で会社勤めしている場合には総務部門の方ですべて処理されるため、給与外収入がある場合を除きほとんどの方が確定申告とは無縁ではないでしょうか。

一方タイではというと、会社勤めをしていても確定申告は基本的に自分自身で実施するのが通常です。毎年1月になると総務部門から「50 Tawi」、いわゆる源泉徴収票が配られます。その書類をもとに確定申告を実施ます。タイ人にとってはなんてことないかもしれませんが、外国人の我々にとっては非常にハードル高いですよね。申請方法は税務署での窓口申請、インターネット申請とありますがどちらもタイ語必須ですし専門用語のオンパレード!ほとんどの会社では総務のタイ人スタッフさんが代わりに申請してくれると思いますが、控除項目が多い場合には代理申請してくれるスタッフさんの申請漏れ等で、本来還付されるはずの税金が戻ってこない場合もありえます。

そんな場合、その方に文句を言うのは筋違いだと思います。でも本来還付されるはずの税金が戻ってこなくて「むきー!」ってなるのもまた事実。だったら初めから自分の責任で対処してしまった方がスッキリしますよね。

少なくとも私は自分のことはできるだけ自分の力・責任で対応し、解決したい派です。

というわけで、今回はそんな皆様のためにタイの所得をインターネットで確定申告する手順を解説していきたいと思います。

なお最初に断っておきますが私はタイの会計や税制の専門家でもありませんし、専門用語も多いためところどころ間違いがあるかもしれません。細かいご指摘やご質問、クレーム等は受けきれませんので、あくまでも「参考までに」ということで、申請はご自身の責任で行っていただけますようご理解のほどよろしくお願いいたします。(言い訳がましくてすみませんw)

スポンサーリンク
new_gensai_under_urticle_01

インターネットでの確定申告の方法

確定申告は税務署窓口で直接行うこともできますが、今回はインターネットでの申告方法を紹介したいと思います。

まず以下のURLにアクセスします。
http://rdserver.rd.go.th/publish/index.php

tax_filing_01

うん、全部タイ語だねw

安心してください!
以下手取り足取り丁寧に図解で解説しますので大丈夫ですw

まずはHotlinkの一番上にある「ยื่นแบบแสดงรายการภาษีเงินได้บุคคลธรรมดา ปีภาษี 2559」をクリックしてください。

tax_filing_02

次に「ยื่นแบบฯ ภ.ง.ด.90/91」をクリックします。

tax_filing_03

上記画面が表示されますので確定申告システムにログインします。ログインに必要なのは以下の2点のみです。

・13桁の個人のTAX ID(上段)
・パスワード(下段)

パスワードを忘れてしまった(もしくは分からない)場合には①を、インターネット経由での確定申告を初めて(※)実施される場合には②をクリックします。
※これまで会社で代理申告してもらっていた場合、すでに登録されているはずですので①をクリックします。初めてというのはあくまでもタイで所得を得て確定申告自体を行うのが初めて(=所謂、タイで働いて1年未満の人)、もしくはこれまで窓口でのみ実施されていたという方のみが該当します。

パスワードを覚えている方はシステムにログインします。
以下①、②の手順は飛ばしてください。

①確定申告システムのパスワードを忘れてしまった場合

tax_filing_03-01-01

タイ語で外国人(ต่างด้าว)と書いてあるところをクリックします。

tax_filing_03-01-02-2

次に必要な情報を入力していきます。

・TAX ID(13桁)
・名前、苗字
・生年月日(仏暦なので西暦に543を足してください)
・設定済みの質問とその答え

設定済みの質問もしくはその答えを忘れてしまった場合は、画面下の方にある「ขอรหัสผ่านใหม่」をクリックします。

tax_filing_03-01-04

必要な情報を入力していきます。

・TAX ID(13桁)
・名前、苗字
・生年月日(仏暦なので西暦に543を足してください)
・パスポート番号と発行国(日本=ญี่ปุ่น)
・新しいパスワード

②確定申告システムを初めて利用する場合

※さきほども言いましたように、これまで会社で代理申告してもらっていた場合、すでに登録されているはずですので①の手順に進んでください。初めてというのはあくまでもタイで所得を得て確定申告自体を行うのが初めて(=所謂、タイで働いて1年未満の人)、もしくはこれまで窓口でのみ実施されていたという方のみが該当します。

tax_filing_03-02-01
タイ語で外国人(ต่างด้าว)と書いてあるところをクリックします。

tax_filing_03-02-02

必要な情報を入力します。

・TAX ID(13桁)
・敬称、名前、苗字
・生年月日(仏暦なので西暦に543を足してください)
・パスポート番号と発行国(日本=ญี่ปุ่น)

入力したら次へ(※)をクリックします。

※次へをクリックした後の画面ですが、私はすでに確定申告を終えているので登録エラーとなり次へ進めませんでした。もしもどなたか画面をキャプチャして送っていただける方がいらっしゃいましたら対応しますのでお問合せフォームからご連絡ください。

無事にログインすることができたら

まずは登録住所の確認です。

tax_filing_04

引っ越し等で住所が変わっている場合には住所変更をしてください。また結婚等で名前が変わっている場合には氏名変更をする必要があります。(50 tawiの氏名と同じにする必要があるかと思われます)

住所、名前が正しければ次に進みます。

これでようやく確定申告を行うことができます。長くなりましたので今回はここまでになります。

スポンサーリンク
new_gensai_under_urticle_01
new_gensai_under_urticle_01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. REAL MADRID より:

    Natsuさん。ご無沙汰しております。お元気でいらっしゃいますか?
    私もNatsuさんと同じで、タイ在住時は自分でインターネット申告しておりました。

    確かに私の勤務していた会社も総務部が申請代行してくれていましたが、これもNatsuさんと同じ理由で、間違って申請されるのが嫌だと言うか、単に自分でやってしまった方が手っ取り早いので、そうしておりました。

    タイのPGD91は申請方法そのものは、単純な給与所得しかなかったこともあり、日本の確定申告に比べて大分簡単だったかと思います。

    苦労した点としては、申請に必要な提出書類をかき集めることでした。
    何か書類をお願いするとき、日本だったら電話一本で済む話も、タイの場合は(勿論毎回ではないですが)何回も催促しなければ、その書類が入手できなかったり、やっと入手した書類内容に不備が(外国人である為氏名のスペルミスも時々発生)あり、再度書類を依頼しなければならなっかたり、でした。
    特に退職した会社の源泉徴収票や退職証明書の入手など苦労した時がありました。

    あと大分昔ですが、一度税務署から呼び出しを受けた事例として、「貴方の所得は日本人としてはかなり少ないが、日本側の所得はこれに含まれていないのか?」と質問されたときがありました。
    その時は「私は現採なので、本当にそれしか所得がありません」と答えておきました。(少なくて悪かったな。というか未だ当時は「現採」が現在ほど浸透していなかったので、税務担当官も日本人=駐在員と思い込んでいた様です)

    あと還付金が返金される時期ですが、私の経験上だと、やはり還付金の金額が大きくなると(数万バーツ位)、やはり還付までに2~3か月待ちになってしまう様な気がします。

    会社の総務には、年末調整までは期待しないまでも、あまり源泉徴収額を多くしないで欲しいと思っていました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です